赤ちゃんの頭を守る!保護リュックのメリット・デメリットは?

赤ちゃん頭を守るリュックamazonの紹介

AmazonのCMでちょっと話題になった赤ちゃんの頭を保護するリュックかわいいですよね。

我が家は王子が9〜10ヶ月頃に愛用してました。

つかまり立ちをするようになると、どうしても後ろにドテっと倒れてしまうんですよね…

我が家の床は一部分はラグを敷いてますが、ほとんどがフローリングです。

小さな赤ちゃんの頭でもフローリングに後ろから倒れて頭を打つと、けっこういい音がして痛そう…

床にジョイントマットを敷こうかとも思ったけど、え??どこまで?家の中全部??

面倒臭いし…見た目的にも好きじゃないな…となって行き着いた赤ちゃん用の頭を保護するリュック!!

頭を守ってくれるのはもちろん、見た目も可愛くて大満足でした。

赤ちゃん用の頭ごっつん防止のリュックのメリット・デメリットを紹介します。




赤ちゃんの頭を保護するリュックの「メリット」

①柔らかいクッション素材がしっかり頭を守ってくれる

赤ちゃんが初めてつかまり立ちをしたのを見た時は、うれしくて感動して拍手をしながら「すごいね!すごいね!」と大絶賛ですよね。

でも喜んでいるのも束の間で、気づくと後ろにドテっと転んでる!!!

カーペットやジョイントマットの上だったらいいものの、少しずつ行動範囲も広がってきてフローリングで後ろに倒れて頭を打った時は

Ohーーーーーーーー!!

Noーーーーーーーー!!

けっこういい音がして、もちろん赤ちゃんは泣いていて「痛かったねー」とヨシヨシしてあげても

1回で済むわけはなく、何度も頭を打ってるのを見るとちょっと心配になりますよね…

頭に当たる部分は厚みがあるクッション素材になってるので、しっかりと赤ちゃんの頭を守ってくれます!

②取り付け・取り外しが簡単

リュックタイプなので、赤ちゃんの腕を通して背負わせてあげるだけでとっても簡単です。

肩にかける部分はゴムになってます。

サイズを調整できるので、小さめの赤ちゃんでも大きめの赤ちゃんでも大丈夫ですよ。

肩にかけたゴムが落ちてこないように、胸の前でも留めることができます。

商品によってはこの胸の前で止める留め具がないものもあるのでチェックしてみてくださいね。

③見た目がかわいすぎる

ただでさえかわいい我が子。(ちょっと親バカモードでいきますね。笑)

今はいろんなデザインがありますが、どれも本当に可愛いです!

思わずニヤけてしまいます。

しっかり頭を守ってくれる上にこのかわいさは素晴らしい!!

赤ちゃんの頭を保護するリュックの「デメリット」

①使用期間が短い

0歳から1歳の赤ちゃんの成長スピードはびっくりするくらい早いです。

我が家の王子はつかまり立ちを始めてから使って使用期間は2ヶ月くらいです!早い!笑

つかまり立ちを始めたなーと思ったら、気づいたらもう1歩2歩と歩き始めます。

少しずつバランスをとるのも上手くなって、歩ける歩数が多くなってきます。

お尻をドテっとつくことはあっても、頭をゴツンと打つことはほとんどなくなってきます。

実際頭を保護するための役割の期間は短いですね。

でもうちの王子の場合はしっかり歩けるようになってからも、おもちゃとして扱われてますよ。

前につけます!!笑

ちょうど頭に当たる部分の穴が顔にきて、穴から覗いたり目隠し状態になったりが楽しいみたいで2歳になる今でもたまに「付けてー」と持ってきます。

②背負うのを嫌がる可能性がある

これは赤ちゃんに実際につけてみないとわからないですね…

うちの王子は全く嫌がることなくつけてくれてましたが、中には違和感を感じて嫌がってしまう赤ちゃんもいますよね。

まとめ

昔の家は畳だったり、カーペットが敷いてあって赤ちゃんが後ろに倒れて頭を打ってもそこまで気にならなかったのかもしれません。

今はわりとフローリングのお家が多いので、「ゴツン」と赤ちゃんが頭を打つ大きな音を聞くと心配になってしまいますよね。

ジョイントマットを敷いてあげるのも良い解決策ですが、ちょっと面倒だなとかコストが気になるな…という時はこの赤ちゃん用の頭を守ってくれるリュックがオススメです!

使用期間は短めですが、それでも頭を打つ心配がなくなるのはパパ・ママのストレス解消のひとつになると思います。

頭を打たないようにと赤ちゃんに付きっきりになるのも大変ですからね…

赤ちゃん用の頭を保護するリュックで、赤ちゃんの頭を守ってあげつつ見た目のかわいさも楽しみましょう!







シェアする

フォローする

関連オススメ記事はこちら↓