離乳食一覧

離乳食『オクラ』は食物繊維が豊富&186・187・188日目メニュー

夏に旬をむかえる「オクラ」は意外と栄養豊富な野菜で、離乳食では中期から食べさせることができます。食物繊維が豊富なので便秘の予防・解消に効果的です。離乳食を簡単&楽にするコツはたくさん作って冷凍保存です。オクラの離乳食中期・後期の調理法・冷凍保存方法と186〜188日目のメニューを紹介します。

離乳食『牛肉』はロースがオススメ&183・184・185日目メニュー

動物性たんぱく質が豊富な『牛肉』は離乳食後期から食べることができます。ヘム鉄といわれる鉄分により、貧血予防に効果的です。離乳食では脂肪分が少なくビタミンが豊富なロース肉がオススメ。離乳食を簡単&楽にするコツはたくさん作って冷凍保存!牛肉の冷凍保存方法と離乳食後期の調理法、183〜185日目のメニューを紹介します。

離乳食後期『パプリカ』の調理法&180・181・182日目メニュー

色味が綺麗で可愛いとさえ思ってしまう『パプリカ』ですが、ピーマンの仲間で栄養はパプリカの方が高いんですよ。ビタミンC・Eが多く含まれていて風邪の予防効果や、β-カロテンにより皮膚や粘膜を強くしてくれる効果も期待できます。パプリカの離乳食後期の調理法・冷凍保存方法と180〜182日目のメニューを紹介します。

離乳食『チーズ』の種類と調理法は?&177・178・179日目メニュー

白い肉と言われるほど良質なたんぱく質が含まれている『チーズ』は色々な種類がありますが、離乳食でまず使えるようになるのがカッテージチーズです。後期くらいからはプロセスチーズや粉チーズも少量ずつ使えるようになりますよ。ご想像通りチーズは塩分が多いですよね。料理の味に変化をつけるため、風味づけ程度に使いましょう。

離乳食『切干大根』は生の大根より栄養アップ&174・175・176日目メニュー

生の大根よりもはるかに栄養価が高い『切干大根』は離乳食では後期から食べさせることができます。骨や歯を丈夫にするカルシウムや、便秘解消の効果がある食物繊維などが含まれています。切干大根の離乳食後期の調理法・冷凍保存方法と174〜176日目のメニューを紹介します。

離乳食『わかめ』は腸内環境を整える&168・169・170日目メニュー

『わかめ』はミネラル・食物繊維が豊富で腸内をキレイにバランスを整えてくれる効果や、免疫力がアップすることで風邪の予防にもつながります。カルシウムも含まれているので骨・歯の成長に役立ちますね。わかめの離乳食中期・後期の調理法・冷凍保存方法と168〜170日目のメニューを紹介します。

離乳食『青のり』で風味づけ&165・166・167日目メニュー

ミネラルが豊富な『青のり』は離乳食中期から食べさせることができます。のりは少し入れるだけで風味が広がりますよね。お粥にちょっと飽きてきてるなーって時に、少し青のりをかけてあげると喜んで食べ進むこともあってオススメです。165〜167日目のメニューも紹介します。

離乳食『にら』で免疫力アップ&162・163・164日目メニュー

ちょっと独特な臭いがある『にら』ですが、離乳食では後期から食べさせることができます。ただの長い葉っぱのように見えて、実は栄養が豊富で風邪予防・免疫力アップの効果が期待できます。にらの離乳食後期の調理法・冷凍保存方法と162〜164日目のメニューを紹介します。