白石区の【えほん図書館】は約2万冊の絵本とキッズスペースが楽しめる!

札幌市白石区えほん図書館キッズスペースの紹介

王子のママ@ojinomamaです。

2016年に札幌市の白石区複合庁舎の6階にOPENした『えほん図書館』

とてもきれいで広々とした館内にはテーブルとイスがあって、ゆっくりと絵本を読むことができます。

おままごと遊びができるキッズスペースや、こども用トイレ授乳室おむつ交換台もあってこどももママも過ごしやすい空間ですよ。

雨の日や冬の室内遊び場としてもオススメです!

札幌市内のオススメ室内遊び場をチェック!

えほん図書館の様子をご紹介しますね!




絵本専門!札幌市のえほん図書館

約2万冊の絵本や紙芝居に囲まれた素敵な空間

2万冊と言われてもよくわかりませんが…笑

とにかくたくさんの絵本や紙芝居があります。

たくさんある絵本の中から選んだ持ってきた1冊、「こーゆー絵本が好きなんだ」とあらたな発見もできますよ。

どんな絵本を選ぶのか楽しみですよね。

イスがたくさん!ゆっくり絵本を楽しめる!

館内にはたくさん座れる場所があります。

本棚の横に置いてある小さいソファーやテーブル&イスのコーナーもあるので、お気に入りの絵本を見つけたら座ってゆっくり読むことができますよ。

木製のおもちゃがあるキッズスペース

キッズスペースは靴を脱いで遊びます。

壁側には木製の小さいキッチンがあって、棚の中には木製の食器やおもちゃが入っていておままごと遊びができますよ。

キッズスペースの横も靴を脱ぐスペースになっていて壁側には紙芝居などがあります。

ここで靴を脱いでお気に入りの絵本を読んでる子もいます。

おはなしの会などのイベントあり

おはなしの会は曜日・時間によって対象年齢が設定されています。

スケジュールが変更になることもあるのでこちらでチェックしてみてください。

お子さんの年齢に合わせてその曜日・時間にえほん図書館に行くと無料で参加することができます。

えほん図書館内にあるお部屋で絵本を読んでくれます。

フロアマットが敷いてあるので小さい赤ちゃんも寝転ばせることができますし、途中で寝てしまったりしても安心ですね。

その他ワークショップや絵本講座などのイベントも不定期に開催されています。

授乳室やこども用トイレあり

えほん図書館内、入り口から左手の奥に授乳室トイレがあります。

授乳室の中はこんな感じになってます。

1人掛けのイスとテーブル、その下に荷物置きのカゴが置いてあります。

トイレはこどもサイズの小さい男の子用のトイレと小さい洋式トイレがあって、手洗い場も低く1歳の王子(息子)でも簡単に手を洗えました。

おむつ交換台も中にあります。

もしもえほん図書館内の授乳室・おむつ交換台が使用中ででもちょっとできるだけ急ぎたいーーーー!!という時は

えほん図書館を出て左手方向の白石区民センター図書室のさらに奥に授乳室&おむつ交換台があります。

1人掛けの椅子としっかりとしたおむつ交換台があります。

まとめ

地下鉄白石駅から直結なのでアクセスも抜群なので雨の日や冬はとくにうれしいですね。

もちろん絵本を借りることもできます。

0〜1歳向けの絵本から、大人でも楽しめる絵本まであります。

札幌市内の他の図書館で図書カードを作ったことがある方はそのカードを使えます。

持ってない方はえほん図書館のカウンターですぐに作ることができますよ。

冬や雨の日などの室内遊びに最適ですね。

地下鉄直結でエレベーターがあるのでベビーカーで問題ないですよ。

同じ白石区複合庁舎の1階には白石区子育て支援センター「きらきら☆ルーム」があります。

親子で楽しい!白石区・子育てサロン(ちあふる)で遊ぼう

えほん図書館と合わせての利用もオススメですよ!

札幌市えほん図書館

【開館時間】

9:00〜17:00

【休館日】

毎月第4金曜日、12月29日~1月3日

変動もあるためカレンダーでチェック

【公共交通機関】

地下鉄東西線”白石駅” 6番出入口直結

中央バス”地下鉄白石駅”下車徒歩1分

【駐車場】

白石ガーデンプレイスパーキング(白石区複合庁舎に隣接する民間施設の立体駐車場)利用

えほん図書館の利用で1時間無料になります。

館内に認証機があるのでそこで駐車券をスキャンするのをお忘れなく。

白石区複合庁舎 駐車場利用について